人材紹介会社でHRogリストを活用しターゲットとする職種で採用ニーズの高い企業へのアプローチを効率化

  • HRogリスト
  • 人材紹介
  • テレアポ
  • 新規開拓
企業名
社名非公開(人材紹介会社)

人材紹介会社Bでは、企業の新規開拓と過去に取引のあった企業にアタックするリストとしてHRogリストをご活用いただいています。B社のターゲットとする企業の情報を整理して提供することで、アプローチしたい企業を狙ってアタックできるようになりました。

お客様の声
——HRogリストをどのように活用していますか?

「企業の新規開拓と休眠顧客の掘り起こしに活用しております。企業の新規開拓においては、求人掲載を直近で開始した企業、つまり採用ニーズがある企業のみをリストとして抽出できる点がありがたいです。また、闇雲にアタックするのではなく当社のサービス属性にマッチする企業を絞り込んでアタックしているのですが、リスト内の情報がきちんと網羅された状態かつ整理された状態でリストをいただけるので、適切なターゲットにアプローチできています。

休眠顧客の掘り起こしについては、過去に取引があった企業かつ直近で求人を掲載している企業をピックアップしてアプローチすることで、新規の案件獲得に繋げられています」

——HRogリスト導入前後で何か変化はありましたか?

「企業へのアプローチの効率化が進んでいます。これまでは求人媒体上でローラーするようにアプローチ先を選定していたのですが、新規求人と以前から掲載されている求人の区別が付かず同じ企業に短期間で何度もアプローチするということが続いていました。また、広告のプランなども区別が付いていなかったため採用ニーズの高さを測りかねていました。

HRogリストでは新規求人や広告プランが可視化されているため、採用ニーズの高い企業から順にアプローチできるようになりました」

——改善点があれば教えてください。

「リスト内の表記を統一化していただけるといいなと思います。複数媒体のリストを購入させていただいているのですが、媒体によって業種の言葉の定義や資本金、設立年月日の表記が異なるため、当社のシステムに取り込む時の弊害が大きいです。HRogリスト内で定義の統一された表記でいただけると大変助かります」