求人データベース提供会社がHRogリストを活用し市場の変化に合わせたターゲット選定で顧客開拓率を向上

  • 人材紹介
  • 求人データベース
  • 新規開拓
  • 市場調査
企業名
株式会社grooves
https://www.grooves.com/

株式会社groovesは、「はたらくヒトと、未来を拓く。」をテーマに求人企業と人材紹介を繋ぐ求人データベース「Crowd Agent」を運営しています。

当時grooves社は、新規顧客の開拓と既存顧客のアップセルを効率よくしたいと考えておられました。フロッグ社は人材紹介会社が公開している自社の求人サイトのデータを隔週で納品することで、市場のトレンドの変化に合わせたターゲット選定を可能にしました。

お客様の声
customer

株式会社grooves WorkTech事業部 クライアントマネジメントチーム マネージャー
藤野 未来様

——HRogリスト導入の経緯・当時の課題感を教えてください。

藤野氏「当時はクライアント開拓の強化をしなければならなかったのですが、自分たちでテレアポのリストを作るリソースが限られているという課題がありました。採用ニーズが顕在化しているお客様に対して効率よくアプローチをしていく方法を模索する中で、知名度の高い国内のリスト提供サービスの資料請求をし、各社のご説明やご案内をお伺いしました。精度の高いリストにアプローチしていきたいので『リストの対応数』『コスト面』『データ提供までのスピード感』の三拍子が揃っているフロッグ社のHRogリストの説明を聞いて導入を即決しました」

——HRogリストをどのように活用していますか?

藤野氏「世の中のトレンドの変化に合わせて月単位や週単位でターゲット選定を変化させていかないといけないので、効果検証を進めるサイクルを週単位で回すのにHRogリストを活用しています。毎週最新のリストがアップデートされるので、フロッグ社のリストで効率よく採用ニーズの高い企業にアプローチできています」

——HRogリスト導入前後で何か変化はありましたか?

藤野氏「圧倒的に開拓率が大きく変わりましたね。また、リスト作成のために求人企業の検索を自社でしなくていいので大幅なリードタイムのカットができていると思います。さらにフロッグ社のリストを使うことによって、採用ニーズが顕在化されていることころに直でアプローチができるところがすごく良いなと思っています。企業規模や新規出稿、業界などのカテゴリで一つ一つセグメント分けして週単位でアプローチができるので、当社のアウトバウンドチームのパフォーマンスが劇的に向上したところが1番の導入後の変化ですね。

また、リスト作成の工数が削減できたことで、当社のセールスチームをインサイドセールスチームとフィールドセールスチームに分けられました。今までインサイドセールスチームはなく、フィールドセールスチームが自分でリストを作ってテレアポをして商談していました。役割を大きく分けられたことで、フロッグ社からご提供いただいたリストに対してインサイドセールスチームが架電し、フィールドセールスチームにパスをする形になり、体制が大きく変わりました」

——改善点があれば教えてください。

藤野氏「最近リストを絞るときに、上場企業や売上高でリストを絞れるとさらに狙ったところにアプローチができるなと感じました。私たちが狙っていくところもトレンドによって変わるのですが、やはり売上高や上場企業か非上場企業かなどで分けることが多いので、取得項目が増えたらいいなと思います。売上高を見ると企業の成長度合いや事業成長率が分かると思っていて、そこが分かればリストで絞ってすぐ架電できるなというのは感じています」